人材育成・福利厚生

人材育成

人材育成 広島県信用組合では、
地域のお客さまのお役に立ち、
喜ばれるよう、職員の能力開発に
積極的に努めています。

社会環境の変化に対応し、お客さまの多様なニーズにお応えする向上心溢れる職員の育成を目指しています。

集合研修

  • 新任職員能力開発研修
  • 初級管理者講座
  • 女性管理者講座
  • 支店長講座
  • 融資育成研修
  • テラーリーダー養成研修
  • 年金業務推進研修
  • 渉外管理者レベルアップ研修会

その他

職場内研修

  • 年金勉強会
  • 融資渉外研修
  • 事務処理の基礎研修
  • 中小企業経営者へのアドバイス実践研修
  • CS研修会
  • 土曜日勉強会

その他

外部研修

  • 全国信用組合中央協会主催 各種研修
    (東京・熱海・千葉)

通信教育

  • 初級職員講座
  • 財務入門(基礎)コース
  • 法務基本解説(事例研究)コース
  • 税務入門(相談)コース
  • 年金入門(相談)コース
  • 営業店のCS実践コース
  • FP技能士受検対策講座
  • 金融窓口サービス技能士受検対策講座
  • メンター養成コース

その他

検定試験

  • 銀行業務検定試験
  • 金融窓口サービス技能検定
  • 証券外務員試験
  • 損害保険募集人試験
  • FP技能検定

その他

福利厚生

職員一人ひとりが、心身ともに充実した生活が送れるよう、福利厚生の充実に努めています。

健康診断
全役職員の定期健康診断を毎年実施しています。
35才以上の役職員に対しては、人間ドックによる精密な検診を実施しています。
各種社会保険
健康保険・厚生年金・雇用保険へ加入。
厚生年金基金
全国信用組合厚生年金基金へ加入。
5日間の連続休暇制度
永年勤続表彰
20年、30年勤続者を表彰しています。

出産・育児に関する支援制度

広島県信用組合では、女性職員の出産・育児のサポート体制づくりに努めています。

出産・育児に関する支援制度
産前産後休業、育児休業
産前6週、産後8週、育児休業は子供が1歳になるまで取得できます。

※保育所に入所できない場合、6ヶ月間延長ができます。

育児短時間勤務
小学校就学に達するまでの子供を養育する間、申し出により勤務時間の短縮ができます。
時間外労働
子供が小学校に就学するまでの間、免除申請ができます。
看護休暇
子供が小学校に就学するまでの間、申請により年次有給休暇とは別に1年間に5日間を限度として看護休暇を取得することができます。
母性保護休暇
女性職員が、妊娠判明時から産前休業までの期間、定期健診や体調不良を理由とした特別休暇および通勤ラッシュ緩和措置を取得することができます。

女性の活躍など

女性の活躍

広島県信用組合では、働く意欲のある女性職員がその力を十分に発揮できるようにさまざまな取り組みを行っています。
現在、女性の渉外係(平成28年4月時点で13名)、役付者(平成28年4月時点で51名)など、女性の活躍の場が広がっています。
今後、さらに女性の活躍の場が広がるよう、積極的な取り組みを推進していきます。